「顧問税理士の意見がしっくりこない・・・」
「違う税理士の意見も聞いてみたい・・・」

 様々な会社の経理処理や申告書を見ていると、「なぜ?」と思うことが時にあります。特に、(私見ですが)古い顧問税理士さんの場合、その傾向として、税法がアップデートされておらず、誤った判断をしてしまうことがあるように思います。そして、これらの処理の誤りによって、損をしている場合があります。
 また、よくある話として、税務調査で問題を指摘されたことがないというセールストーク。適正な処理をしているのかもしれませんし、それとも保守的な処理をしているのかもしれません。

 このようなケースで、セカンドオピニオンとなる税理士がいれば、誤りを防ぎ、適正な処理ができたことでしょう。

 また、大きな判断が必要となる場合や顧問税理士が得意ではない分野等についても、セカンドオピニオンとなる税理士がいれば、顧問先様により安心していただけるのではないかと思います。

 当事務所では、客観的な目で見て、顧問税理士とは異なる角度からの意見や、また、顧問税理士の苦手な分野についてのサポートをしております。

 なお、顧問税理士の処理が誤っていた場合、更正の請求という手続きにより、税金の還付を受けられる場合があります。

 詳細や料金については、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちら。